女の人

小陰唇肥大の悩みは縮小手術で改善できる│女性のお悩み改善

女性特有の悩み

レディー

原因を知ろう

女性の身体は年齢や経験に応じて変化していくものです。特に、出産後は身体は大きく変わると言われています。出産後変化する身体のパーツとして代表的なのが膣です。出産経験をすることによって、膣にゆるみが生じてしまうのです。出産による膣のゆるみは、基本的に妊娠期間に胎児を支え続けたことによる筋肉の負担が原因でしょう。膣のゆるみは、出産以外にも発生する場合があり、最も多いとされるのが加齢によるゆるみです。尿漏れが頻繁に発生する人は加齢によって筋力が衰えてしまったことが原因である可能性もあります。他にも肥満や悪い姿勢、生活習慣による癖も膣のゆるみを招いてしまうこともあるでしょう。膣のゆるみは自覚症状があまり無いものです。自分の膣がゆるんでいるかどうか気になるという人は婦人科形成クリニックを利用してチェックしてみるのも1つの方法です。

手術の種類

膣のゆるみを改善する病院の治療方法としては、注入法やレーザー治療、切開治療等があります。注入法の場合は注射がメインとなるので比較的すぐに治療を終えることができます。メスを入れないので、身体への負担も少ないでしょう。レーザー治療の場合は、膣に高周波を照射して引き締めていく方法となります。レーザー高周波治療を体験した人のほとんどが引き締め効果を実感したという程、効果の高いものとなっています。利用するレーザー機器によって効果も変わりますが、注入法と同様メスを使用しないので安心でしょう。切開手術の場合は、メスを利用しますが、その分半永久的にその引き締め効果を実感できます。